英語学習トレーニング法と学習分野3

2019年4月2日ブログ, 英語学習

こんにちは、みんなの目標達成をサポートする愛知の学習コンサルタント杉浦直樹です。

現在、みなさんの学習(特に英語学習)をサポートする学習コンサルタントという仕事をしています。よろしくお願いします。

 

杉浦直樹を知らない人はこちら

杉浦直樹ってどんな人?その1
杉浦直樹ってどんな人?その2

杉浦直樹ってどんな人?(性格編)

 

今回のブログでも前回に引き続き「トレーニング法と学習分野」について書いていきたいと思います。

ここでは、VECSで実際に行われているカリキュラムを元に、本当に英語学習に必要なトレーニング方を紹介しています。

英語学習を始めようとして、まずとどうしたらわからないという方や英語学習をしているけれども、イマイチ効果が出ていないという方は特に参考にしてみてください。

トレーニング法1、2を読んでいない人はこちら

英語学習トレーニング法と学習分野1

英語学習トレーニング法と学習分野2

 

 

5.精読

これまでのトレーニング+文法を使えるようになったら、やっと精読のトレーニングです。

 

しかし、ここに来るまでにシャドーイングである程度の分量の英文をこなしてきたため、かなり英文は読みやすくなっていると思います。

 

 

ですので、それ以上の長さの英文になれることと、ロジカルリーディングやパラグラフリーディングなどの英文の構成に関する知識を取り入れ、それを使って文章を読めるようになることに注力します。

 

しかし、多くの場合、特にTOEICレベル程度を目指しているのであれば、ロジカルリーディングやパラグラフリーディングは必要ないでしょう。

 

あれば、まあいいといった程度です。

 

ですので、多くの場合そのことよりも、多読を実践することで英語になれることの方が重要と言えます。

 

 

おすすめテキスト

TOEIC TEST 特急 読解シリーズ

 

 

6.発音

発音は案外見落とされがちな事項です。

 

しかし、少ない投資で英語ができる雰囲気を作り出すためには最も効果的なトレーニング事項です。

 

日本にいる外国人の方の日本語を想像すれば、容易に想像できると思いますが、内容が不十分であっても、流暢に日本語を話している外国人はしっかりした印象を受けると思います。

 

相手にいい印象を与えるためにも、発音は案外重要なのです。

 

 

では具体的にはどのようなトレーニングを行えばいいでしょうか?

 

それはフォニックスと低速メソッドです。

 

 

フォニックスは英語の発音に関するルールで、これを覚えて実践できるようになることで英語の文字と音の関係性を知ることができます。

 

案外、ルール数は多くなく、あまり時間をかけず、薄いテキスト1冊もしくは2冊ほどこなせば十分です。

 

 

次に、低速メソッドです。

 

低速メソッドは英文を遅いスピードで発音に注意しながら読む段階から、徐々にスピードを上げていく方法です。

 

つまり、発音の筋トレのようなものです。

 

 

おすすめテキスト

『DVD1枚、CD2枚付き 完全版 超低速メソッド 英語発音トレーニング』内海 克泰 かんき出版

 

 

7.単語集

VECSではシャドーイングで長文掲載型の単語集を使っているので、特に試験対策とかでなければ、単語集は使いません。

 

しかし、中学のレベルからスタートする必要のある方は中学レベルの単語集をゴリゴリ暗記することをおすすめします。

 

なぜなら、中学レベルの方は必要最低限の単語すら暗記できておらず、英文の内容が全くわからない状況にある方がいらっしゃるからです。

 

 

結局、英語は語学です。

 

ですので、単語の暗記は必須です。

 

初級者だと文脈から単語の意味を推測するだけの単語力すらないため、特に重要です。

 

英語が苦手な人ほど、単語力アップには時間をかけてください。

 

 

おすすめテキスト

『くもんの英単語1500 (スーパーステップ)』 くもん出版

『DUO 3.0』鈴木 陽一 アイシーピー

 

 

8.資格対策

最後に、資格試験対策について書かせていただきます。

 

ここでは主にビジネス分野でよく使われるTOEICと留学などに使われるTOEFLについて述べていきたいと思います。

 

 

まず、第一に大事なことはそれぞれ英語の試験とは言っても、その内容もレベルも求められるスキルも大きく異なるということです。

 

 

TOEICはビジネス分野の英語力を測定する試験であるため、内容もビジネス分野に関するものです。

 

また、リーディングとリスニング力を測る試験なので、ライティングとスピーキングのスキルは必要ありません。

 

こちらのスキルはTOEIC SWで計測されます。

 

 

それに対してTOEFLは留学目的で使う試験なので、内容はアカデミックなものが中心です。

 

そのため、文章レベルはTOEICよりも難しくなります。

 

スキルもリーディング、リスニング、ライティング、スピーキングの4スキルどれもが問われます。

 

 

2つの試験の違いを考える上で、一番大切なのは文法問題の有無です。

 

TOEICは空所補充の形で文法の知識問題がありますが、TOEFLでは独立した文法問題は存在しません。

 

そのため、TOEICを受ける際は文法問題が必須になります。

 

それに対して、TOEFLは文法の勉強は必要最小限にとどめいていおいたほうが得策です。

 

 

このような違いを踏まえたうえで、専門の資格試験対策本をこなす必要があります。

 

特に、TOEICは解答スキルを身につけることである程度スコアを挙げることができるため、とりわけ、対策が必要になります。

【関連記事】

英語学習トレーニング法と学習分野1

英語学習トレーニング法と学習分野2

 

お無料学習相談付き 得なセミナー割引が当たるLINE@はこちら

 

VECSのセミナーはこちら

You may also like