第一回 PDCAセミナーを終えて

2019年4月2日セミナー, ブログ

こんにちは、みんなの目標達成をサポートする愛知の学習コンサルタント杉浦直樹です。

現在、みなさんの学習(特に英語学習)をサポートする学習コンサルタントという仕事をしています。よろしくお願いします。

 

杉浦直樹を知らない人はこちら

杉浦直樹ってどんな人?その1
杉浦直樹ってどんな人?その2

 

1.セミナー内容:受講者1名!

先日、第一回のPDCAセミナーを実施いたしました。
参加者は1名で非常に濃く、個人コンサルの様になりました。

このセミナーでは、PDCAを理解した上で、実際にそのポイントを書き出し、最終的に手帳に落とし込むという、ワークショップ中心のセミナーです。
受講者の方は、私と対話していく中で、自分の課題と向き合い、それを明確にし、そのための解決案をどんどん具体化していく作業をしてもらいました。
今回参加された方は、現在工場勤務をしており、いつか独立して起業したいと考えていらっしゃる方でした。
そのため、課題や目的意識は明確です。
しかし、それを解決するための具体的な解決策がなかなか思い浮かばないようでした。

2.解決案を出すには行動してなんぼ!

しかし、それも当然だと思います。
解決案は実際に行動をしてみる事で、見えてくるものです。
逆に行動に基づいた解決案でなければ、机上の空論である可能性が高いです。
今回の参加者の方は、まだまだ行動が十分に伴っていなかったところがあるため、具体的な解決案が浮かばないのも当然でした。
ですが、今回私のセミナーに参加していただき、自分で新たな解決案を考え、行動することを自己誓約して頂いたので、今後新たな解決案が浮かんでくると思います。

3.行動のハードルを下げて目標達成!

解決案を考えるうえで今回重要視したアドバイスは、行動のハードルを下げる事です。
今回の参加者の方はまだまだ行動したばかりなので、習慣化があまりできていません。
その状態で、いきなりレベルの高いタスクを設定してしまうと挫折する可能性が高いです。
ですので、最初は「セミナーに応募する」「本屋で本を買う」といった非常に低いハードルのタスクを設定するようにアドバイスしました。

4.セミナー感想

セミナーを終えてみて伺った感想としては、「非常に実践的でためになったセミナーでした」との事でした。
実際、アンケートでも満点の回答を頂きました。
しかし、同時に意見をシェアして他の方からもアドバイスが欲しかったという意見もあり、今後さらなるセミナーへの集客を頑張らなくてはというモチベーションにもつながりました。

5.応用編セミナーへご案内

今回参加していただいた方には、応用編のセミナーの受講も勧めさせていただきました。
今回のセミナーはPDCAの中の主にPDに焦点を当てていたため、不十分です。
PDの段階で設定した計画をCAで確認、微調整をすることでPDCAサイクルは一通り完成します。

現在、基礎編のセミナーを受講された方には応用編のセミナーを無料で行っています。
是非とも、基礎編のセミナーにご参加していただければと思います。

6.まとめ

PDCAは変化が激しく、個人の能力が要求される現代社会において、非常に重要なスキルです。
しかし、その具体的な方法も、身に着けるスキルも知っている方は多くありません。
是非とも、このセミナーにご参加していただき、PDCAを自分のスキルとしてください!

無料学習相談付き お得なセミナー割引が当たるLINE@はこちら

 

VECSのセミナーはこちら

You may also like